三国志NETの改造版、幻想戦記の開発ブログです。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/06/08
12:50:20
昔一番好きだったゲームがブラウザゲームになったようです。
幻想戦記の一部兵科やレア地形(浮遊城とか魔導巨兵とか)の元ネタになってるゲームシリーズです。
わかる人はわかるかな?

開発は変わってるけどBGMや一部のキャラクターが旧作から流用されてるようで懐かしいなー。
スポンサーサイト
2011/12/26
01:25:56

世界観のショートストーリーの幕開けを更新。
手抜きで書いてたのをちゃんと書き直しました。

幻想戦記は三国志NETの本来の世界である三国志を採用してないので、
世界観をしっかりと創造したいというのは開発当初からの考えです。
ショートストーリーは更新の間隔がかなり長いのですが、、
神槍の天馬騎士の方も一応完結させたいとは思ってます…。

さて、現在追加予定の要素もちょこっと。
昇格ボーナスで現在金が貰えるのですが、
その部分を多少変更しようと思っています。
現在でも三国志NETの初期仕様と多少形を変えてますけどね。
昇格がより一層楽しみになるような要素を追加できたらと思って思案中です。
どうぞお楽しみに。
23:26:05
手抜きページだった書庫のページを世界観と差し替えました。
あと、天馬騎士のSSを更新~。
自己満足趣味のものとはいえ、すっごい遅筆すぎる(´ω`)



最近、世界観のページをよく更新してたりしたら、
幻想戦記のゲーム本編の開戦理由がやっと後付け設定されました。



なんと、幻想戦記のストーリー上の主人公は異教文化でした!このゲームの主人公は奇襲できる国家だぞー!
あ、なんか三国志NETのローカル文化を壊すとか言ってた5~6年前を有言実行できた気がします、ついに。



しかし、5~6年も運営してて背景設定がやっと完成した?って感じですね。
興味無い方にはまったくないと思うのですが、幻想は設立当初からゲームの背景設定を大切にしています。
幻想の売りは世界観・育成・やり込み要素の三点として作成して来ました。


沢山の武器や魔具も多くは世界観に関連したものを想像し、追加したりしています。
というかそれが楽しみで作ってる部分もあったり。
自分に絵心があったら色々とイラストもかけて楽しかったんだろうなぁ、
誰か絵が上手な方、私リクエストを書いて下さいお願いしますorz


多分これからも気がついた時に世界観は更新されると思うので、暇な方は御覧になって下さいませ。
19:08:27
久々の更新です。
元々、大して更新する気がなくて置いたブログですが\(^o^)/
天馬騎士のSSは極希に続きを書いていたりします。
きっと今年中には6回目の更新が…。


さて、最近ちょっと話題になったりならなかったりの宣戦布告システム。
奇襲する人がいるからシステムで制限された!


こんな事を思う人もいるかもしれませんが、そんな事はありません
何故なら私が三国志NETプレイヤーの中では異端である奇襲推奨派なのです。
一時期「色が同じジャン!奇襲するモッコシ」のネタを幻想内で散布していたのは、
奇襲をネタ化する事で奇襲に対するイメージを変えようと(以下自粛



さて、このシステムを実装した理由ですが、


三国志NETというゲームは、外交があって当たり前、宣戦布告があって当たり前です。
なのにシステム上では制限無くどこにでも攻めれます。


これっておかしくないですか?
私はどう考えてもおかしいと思います。
まったくの初心者が幻想に参加しても、どこに攻めてよくて、どこに攻めちゃ駄目なのかわからないのです。
もし適当に友好国に攻めようものなら怒られてしまいます。
システムで自由に攻めれるのに。


と、そんな所に矛盾を感じて、それならばシステムで矛盾を無くそうこんな機能を実装してしまったわけです。
このシステムがあればどこに攻めていいのか、国家情報をポチっと押すだけで人目でわかりますし、
攻めちゃ駄目な国に攻めてもシステム上でブロックされます。


宣戦布告システム超べんり!
さいきょお@@;


私の考えに同感できない人は多いでしょう。
うん、きっと凄く多いと思います。


でも私はこういう性格なのでこんな機能をシステム化してしまいたくなるのです。
2010/09/05
23:24:33
神槍の天馬騎士のSSの続きをちょっとだけ追加しました。

本当にちょっとだけです(´ω`)

この話、いつになったら終わりまで書くんだろう…。

近いうちに頑張って話をもっと進めるぞ!


…多分。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。