三国志NETの改造版、幻想戦記の開発ブログです。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/06/08
12:50:20
昔一番好きだったゲームがブラウザゲームになったようです。
幻想戦記の一部兵科やレア地形(浮遊城とか魔導巨兵とか)の元ネタになってるゲームシリーズです。
わかる人はわかるかな?

開発は変わってるけどBGMや一部のキャラクターが旧作から流用されてるようで懐かしいなー。
スポンサーサイト
13:06:29
幻想戦記の背景設定その2 人物編


・魔剣の少女『レイティア』
聖魔大戦時代に小さな街に生まれる。
家族と平穏に過ごしていたが、住んでいた街が人間族の内乱に巻き込まれ、家族を失ってしまう。
呆然自失で街の廃墟の教会にたどり着いた時にレイティアは黒き魔剣と出会う。
魔剣はレイティアの心を差し出す事を条件に、レイティアに力を与える事と語りかけた。
レイティアは、魔剣を手に街を襲った兵を率いていた『稲妻の獅子紋章の男』を探す旅に出る。

設定:ブラックレイの形状は黒い大剣
   ブラックレイは人間の怒り、憎しみ、悲しみを糧にする生きた剣
   その為に持ち主が負の感情に満ちれば満ちるほどブラックレイは成長する。
   ブラックレイは力をつける程、持ち主の精神を侵食し、
   やがてブラックレイの持ち主はブラックレイに操られる人形となってしまう。
   余談だが、ブラックレイの名前の由来は「レイティアの黒い剣」
   稲妻の獅子紋章の男の武器はブリッツベルテ


・聖剣の騎士『アレン』
聖魔大戦時代に人間族の王国に仕官する。
やがて実力と誠実さが認められ、近衛騎士団に抜擢される。
その頃、王国では稲妻の獅子将軍の反乱や黒き魔剣使いによる王国兵襲撃事件等の様々な問題が発生していた。
アレンは国王より一振りの聖剣を授与され、魔剣使いの調査と可能なら討伐する命を受けた。
やがてアレンは魔剣使いの少女と出会い、お互いに心を惹かれて行くが、
アレンは魔剣の虜となったレイティアを助ける事が出来ずに、その手でレイティアの命を奪ってしまう。

設定:セイクリッドクルスの形状は白銀の長剣
   セイクリッドクルスは持ち主の強い精神力に反応して力を生み出す。
   アレンに授与されたセイクリッドクルスは特別な物では無く、
   特務を受ける近衛騎士団に与えられる標準装備だったのかもしれない。
   似た様な武器としてセラフィムランスもこの時代に作られており、
   聖魔大戦時代の人間の武器は光の神の加護を受けており非常に強力だったようだ。
23:41:18
わざわざBBSで発表する事でもないので、更新停滞してるこっちで。

たまーにTOPページをこっそり修正してます。
広告削減、テスト面をわかりやすい位置に、下部ページの構成調整etc

そのうち書庫とイラストを合併して、いい加減まともな構成にしたいなーと思ってます。
(何年間も手抜きのままというのも…)

2009/09/18
17:16:21
第35回が終了したようです。
第36回はVer2.9の公開となりますが、
Ver2.9は思っていたよりも大規模な改造になりました。

その中でも、何と言っても自動集合はプレイヤーの方にとって大きいでしょうね。
今までは徴兵の必要上、ALL集合コマンドという方がいましたから…

私は三国志NETで嫌いな要素がいくつかあります。

・守備ループ
・役職回し
・集合ALL

特にこの3つは嫌いです。
この3つはやっていても正直、まったく楽しくありませんし、プレイヤーに負担ばっかりかけてしまいます。
ですから、守備ループをすると相手が一方的に強くなるようにしたり、
部隊補正システムを作ったりしていました。
今回の集合ALLでまた一歩犠牲(?)になる人を減らせたかなー、と思います。

その他にも次回の追加点で大きなのは施設でしょうか。
これは実際に動かしてみないと解りませんが、
資金が乏しい小国にも生産系の施設を設置できたりしますから、
資金繰りが少しは楽になるかな、と思います。
生産拠点は無くなりましたが、生産系の施設は安いですから。

この辺のシステムで意見や要望があったら公式BBSに書いて下さい。
施設はもう少し増えてもいいような気がしますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。