三国志NETの改造版、幻想戦記の開発ブログです。
2011/04«│ 2011/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/06
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:08:27
久々の更新です。
元々、大して更新する気がなくて置いたブログですが\(^o^)/
天馬騎士のSSは極希に続きを書いていたりします。
きっと今年中には6回目の更新が…。


さて、最近ちょっと話題になったりならなかったりの宣戦布告システム。
奇襲する人がいるからシステムで制限された!


こんな事を思う人もいるかもしれませんが、そんな事はありません
何故なら私が三国志NETプレイヤーの中では異端である奇襲推奨派なのです。
一時期「色が同じジャン!奇襲するモッコシ」のネタを幻想内で散布していたのは、
奇襲をネタ化する事で奇襲に対するイメージを変えようと(以下自粛



さて、このシステムを実装した理由ですが、


三国志NETというゲームは、外交があって当たり前、宣戦布告があって当たり前です。
なのにシステム上では制限無くどこにでも攻めれます。


これっておかしくないですか?
私はどう考えてもおかしいと思います。
まったくの初心者が幻想に参加しても、どこに攻めてよくて、どこに攻めちゃ駄目なのかわからないのです。
もし適当に友好国に攻めようものなら怒られてしまいます。
システムで自由に攻めれるのに。


と、そんな所に矛盾を感じて、それならばシステムで矛盾を無くそうこんな機能を実装してしまったわけです。
このシステムがあればどこに攻めていいのか、国家情報をポチっと押すだけで人目でわかりますし、
攻めちゃ駄目な国に攻めてもシステム上でブロックされます。


宣戦布告システム超べんり!
さいきょお@@;


私の考えに同感できない人は多いでしょう。
うん、きっと凄く多いと思います。


でも私はこういう性格なのでこんな機能をシステム化してしまいたくなるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。