三国志NETの改造版、幻想戦記の開発ブログです。
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:54:43

今回は、セラフィムランスのお話です。

名前は幻想の公開当初に適当につけたのですが、
後付で脳内設定があったりします。

※結局、文章にまとめずに投げた話です(´ω`)


この槍が登場する部隊は、聖魔大戦から魔法文明時代の中間?
大陸を人間が治めるようになってからの時代です。

ある、森と水に囲まれた国に飛行騎士団という部隊がありました。
この国では天馬や飛竜といった幻獣や竜を使って、空を飛ぶ騎兵団を編成していました。
この騎士団では最初は天馬、実力が認められると飛竜を与えられます。
飛行騎士団に所属する少女、リファは自分の性格の優しさと、与えられた天馬・ヒューイの臆病さが災いして戦闘でも戦果を上げられないままでした。
友人は言います。
「ヒューイは臆病すぎるのよ。新しい天馬を貰ったらどう?」
ですが、リファにはそんな気持ちはまったくありませんでした。
「ヒューイはいい子よ。結果を出せないのは私の力が足りないからだわ」
リファは飛竜を与えられないまま、その後いくつかの戦場に駆り出されます。
隣国との関係が悪化して、リファの国でも本格的な戦争に突入したのです。
戦闘が激化するにつれ、今まで斥候や偵察任務、またはその迎撃を中心にしてきた天馬騎兵も
飛竜騎兵と一緒に本格的な戦闘に投入され始めました。
戦争は熾烈を極めますが、幸いリファの国が徐々に優位に立つようになりました。

そして、ある戦場でリファは『それ』を目にします。


続く

次回に続きます(´ω`)
話の設定だけ考えて投げた話なんで駄文なのはご容赦くだしあ
スポンサーサイト
コメント
No title
続きがこないー><
期待してます。

キャラメル│URL│2009/05/15(Fri)22:17:57│ 編集
No title
なんとか更新しました。
勢いだけで(´ω`)

桃缶│URL│2009/05/24(Sun)22:11:12│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://sangokusinet.blog26.fc2.com/tb.php/6-645fc935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。